グルコバイによるαグルコシダーゼ阻害効果

グルコバイはアカルボースという成分を使用した糖尿病の治療薬で、その作用機序から食後過血糖改善薬やαグルコシダーゼ阻害薬と呼ばれます。グルコースの吸収を減らすことで血糖値の上昇を抑え、インスリンの分泌量を減らして膵臓の負担を軽くします。食物中の糖は単糖がいくつも連なった状態で存在し、植物では炭水化物としてデンプンに、動物では体内にグリコーゲンという多糖類になっています。通常は自然界で単糖として存在することはほとんどなく、デンプンといった多糖類で存在し、食事をすることで体内へそのまま吸収されます。多糖類はそのまま小腸が吸収するには大きすぎるため、唾液や胃液、膵液といった消化液が必要とし、例えばデンプンでは口の中で唾液の中にあるアミラーゼと呼ばれる消化酵素によって、糖が2つに連なった二糖類へと分解されます。口の中でデンプンが甘く感じるのはこの糖によるものですが、このまま小腸に運んでも、まだ吸収するには大きすぎる存在です。吸収するには単糖へと分解する必要があるため、小腸粘膜に存在するαグルコシダーゼと呼ばれる分解酵素によって単糖類であるグルコース(ブドウ糖)へと変化します。この時点でグルコバイの成分であるアカルボースが、αグルコシダーゼの働きを阻害することで単糖類への変化を抑え、小腸から血中へと吸収されるのを防ぎます。血中に取り込まれた糖はインスリンの働きにより、各細胞でグリコーゲンとして蓄えられ血糖値が下がりますが、インスリンの分泌量が少ないと体内への再吸収が間に合わなくなり、尿中から糖が排泄されます。この状態が糖尿病となりますが、グルコバイでは血中への吸収を抑えるため、血糖値を下げて高血圧のリスクを低減させます。

食後過血糖改善剤“グルコバイ”を服用されている方、またはこれから医師の処方によって服用を予定されている方に、グルコバイの特徴や副作用などをご説明いたします。また、グルコバイ以外にも糖尿病の方にとって知ってほしい情報などをまとめています。